福岡糸島生活 Fukuoka Itoshima life blog

fukuokaito.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 26日

糸島サーフィン

c0240887_7223274.jpg

時に玄界灘の海は荒い。
特に冬場。
西高東低の冬型の気圧配置が強い北風をもたらす。
福岡・糸島は北側に海があるので、
時として荒い波が打ち寄せることになる。
泳ぐには危険だが(まあ冬に泳がないよね)、
サーフィンには比較的もってこいの海である。
ただハワイあたりの海とは比べようもなく穏やかだ。
まあ程々って感じではないか?

その糸島の海。
それでも年に数度、それなりに高い波が打ち寄せる日もある。
そんな時、野北海岸あたりでは壮観な光景が広がる。
高い波が繰り返し打ち寄せ、美しい砂浜を砕くかのように浸食する。
写真は少し前の、そんな日の光景。

でも意外とそんな日にはサーファーって殆どいないんだよね。
[PR]

by floorshow | 2012-04-26 09:28 | 糸島 | Comments(0)
2012年 04月 25日

糸島曇景

c0240887_1491748.jpg

曇りの日。
そんな日の糸島もまた趣のあるいい感じの光景を堪能できる。
小雨が黄砂や粉塵を洗い流し、時には晴天時より高い透明度をもたらしてくれる。
また雲の多彩な表情が糸島の印象深い光景に花を添えてくれる。
そして、いつもよりも一層深い静寂に包まれる空間‥‥。
敢えて天気の思わしくない日に行くのも一興である。

写真はそんな糸島の曇景。
幾層もの雲が地球の奥行きをダイレクトに感じさせるようでもある。
水墨画のような深い陰影。
唐津まではっきりと見渡せる。

正直、曇天もいい感じだと思うようになったのは最近のことだ。
写真を撮るようになったことが影響しているのだろうか?
まあ年のせい‥‥などとは決して思うまい。
[PR]

by floorshow | 2012-04-25 14:17 | 糸島 | Comments(0)
2012年 04月 24日

可也山

c0240887_9224419.jpg

糸島のランドマーク的存在・可也山。
その特徴的山容から、糸島富士として親しまれている。
糸島を愛する人であるならば、
糸島と聞けば美しい海とともにこの奥ゆかしく立派な姿を思い浮かべるのではないか。

かつて16世紀末の文禄・慶長の役。
多くの日本兵が名護屋から海を渡って朝鮮へ赴いた。
その際、一人の兵が朝鮮の捕虜となり、その後朝鮮のために尽力したという。
その名は沙也可。
一説によれば、彼は糸島出身であるという。
沙也可とは可也山にちなんでつけた偽名であるともいう(捕虜なので実名は名乗れないんだね)。
もしそれが事実であるとすれば、
海を越え遙か彼方の異国の地で故郷を懐かしむ彼の脳裏に浮かんだのも、
可也山の堂々たる山容ではなかったか。

さてその可也山。
特に夕刻、夕陽を浴びて佇む姿が印象的である。
少し前の季節であれば山桜がちらほら混じる。
趣のある光景だ。
写真は最近の一枚。
海には水上自転車(?)で遊ぶ人が小さく写る。
かなり気持ちよさそうだよね。
ジェットスキーはちょっと勘弁だが、この穏やかな海に水上自転車。
い~ね!(CKBか?はは‥‥)
どうもVクラスにお乗りになられているようだ。
かなり格好いいライフスタイルだよね。
[PR]

by floorshow | 2012-04-24 10:20 | 糸島 | Comments(0)
2012年 04月 23日

室見川中流

c0240887_85859100.jpg

前回に続いて室見川。
4月上旬にかけてシロウオ漁で賑わいをみせる福岡の大河。
まあ大河といっても福岡市に限定した表現で、筑後川に比べればひよっこだが‥‥。

その室見川。
いうまでもなく上~中流域の風景もまたかなりいい感じだ。
写真は中流域、橋本付近からの一枚。
橋本付近は近年、地下鉄基地や都市高速、郊外型ショッピングモールの建設が相つぎ、
すっかり風景が変わってしまった。
しかし、橋(外環室見橋というらしいね)の南側には、昔と変わらぬいい感じの光景が今もなお残る。
高校生がたわいなくおしゃべりをしながら自転車のペダルをこぎ、
多くの鴨が芝生でえさをはむ(鳩ですか?とつっこみたくなるよね)。

ちなみに写真の左側にみえる橋。
遙か昔には木製のぼろぼろの橋がかかっていた。
明治時代か?と思わせるような、極めて趣のある橋だったように記憶している。
時代劇で使われても全然違和感がない、朽ち果てつつあった木製の橋梁。
それもいつしか掛け替えられ‥‥。
まあ残念な気がしないでもないが、あれは相当に危険だったろうからね。
それにこの新しい橋から見渡せる山川は今も昔も何らかわりはしない。
[PR]

by floorshow | 2012-04-23 11:11 | 福岡 | Comments(0)
2012年 04月 22日

室見川河口

c0240887_1012555.jpg

福岡市西部を流れる室見川。
背振山地に降り注いだ水を、早良区と西区との間を縫って博多湾へと運ぶ河川。
その沿岸には美しい動植物が棲息する。
サイクリングコースが充実し、梅雨の時期には蛍が美しい光をみせる。
福岡市民にとって心のオアシスともいえる、極めて貴重な存在だ。
スピッツの出世作『ロビンソン』の、歌詞の舞台であるともいわれる。
(草野マサムネさんが福岡出身だよね)
恋人とのデートなんて思い出を持つ方も多いのではないか。

写真はその室見川河口からの一枚。
博多湾へ注ぐ清流。
その流れはどこまでも泰然としている。
干満の差の激しい昨今。
休日は潮干狩りを楽しむ人々で賑わう。
現在室見川には漁業権がないため、貝掘りなどを楽しむ人があちこちから集まる。
ただ近年の不漁をうけ、
ある地域から業者とおぼしき人々が押し寄せ、
大量に稚貝を採取してゆく光景を目にするようになったのは少々残念なことである。
なんでもそうだが、資源には限りがある。
過剰な乱獲はどこかで歪みを生むことになる。
情けは人のためならず‥‥って少し違うかな?
ただし彼らにも生活がある。
まあ難しい問題だ。
[PR]

by floorshow | 2012-04-22 10:06 | 福岡 | Comments(0)
2012年 04月 21日

最近の糸島

c0240887_1181811.jpg

最近の糸島。
早くも4月下旬となり、にわかに汗ばむ陽気となった昨今。
海が恋しく感じられる季節でもある。
こんな季節には、靴を脱ぎ捨てて、海辺でバシャバシャしたくなるよね。
泳ぐにはまだ早くて‥‥。
潮の干満の差が激しいこの季節。
これから暫くは水遊びには絶好の時期だ。
来るべきGW。
多くの人で賑わいをみせるのだろう。
[PR]

by floorshow | 2012-04-21 11:10 | 糸島 | Comments(0)
2012年 04月 20日

給油センター

c0240887_17513065.jpg

前回紹介した糸島の海。
比類なき(?)美しさをたたえる海。
人生の素晴らしさを教えてくれるような、飽きることのない景色である。
太陽と海とは貧富の差なくあらゆる人間に神様が与えてくれる‥‥って言ったのはヘミングウェイだっけ?

ただそうした海ばかり見ていると、たまには都会の海も見てみたくなる。
美しさのみがいい感じなのではない。
油の浮いた海もまた一興ではないか‥‥。
そんな思いにふと駆られると、決まって足を向けるのが給油センター。
知る人ぞ知る福岡の海を堪能できる場所である。
西公園側の通り(港銀座通りというかつて漁港の歓楽街で賑わった場所)を北上。
暫く進むとそこが給油センターと呼ばれる一画である。
那の津~箱崎~海の中道~玄界島~今津~百道となかなか壮観な景色を見渡すことができる。
鈍色の海面。浮かぶクラゲ。あふれるゴミ。ただよう油。国籍不明の貨物船。多くの釣り人‥‥。
糸島の海とは対照的な、しかし人生の厳しさを示唆してくれる魅力的な海でもある。

それにしても、ここで釣った魚って食うのかな?‥‥昔からの疑問である。
[PR]

by floorshow | 2012-04-20 18:00 | 福岡 | Comments(0)
2012年 04月 18日

糸島の海

c0240887_7593056.jpg

糸島の魅力のひとつは海の美しさであろう。
ただ南国を思わせるエメラルドグリーンの海という訳ではない。
玄界灘特有の紺碧に、南国特有のグリーンが混じった、独特の色合いの海だ。
山口~島根の日本海を思わせるような‥‥。
ただ糸島の方が若干グリーンが濃い気がする。

ともあれその美しい糸島の海。
そろそろ気になる季節だ。
夏へと向かうこの時期。
いくつになってもなぜか心躍らされるよね。
[PR]

by floorshow | 2012-04-18 08:29 | 糸島 | Comments(1)
2012年 04月 17日

引津湾

c0240887_865684.jpg

糸島西海岸の引津湾。
美しい水をたたえる魅力あふれる入り江である。
遠浅の海。
これからの季節、思わず海水に足をつけてみたくなるよね。

ただし海水の行き来が決して活発とはいえないため、
泳ごうとする際には注意が必要だ。
自然は一見優しい顔を見せても、
厳しさに満ちている。
人生と一緒だよね‥‥かな?
[PR]

by floorshow | 2012-04-17 10:11 | 糸島 | Comments(0)
2012年 04月 16日

糸島落陽

c0240887_18263565.jpg

糸島の落陽。
海とともに糸島の魅力といえる。
その美しさが人々を魅了する。
写真は少し前の落陽。
雲によって多彩な様相を見せる。
なかなかいい感じの光景だ。
[PR]

by floorshow | 2012-04-16 18:30 | 糸島 | Comments(0)